沿革

昭和48(1973)年4月 伊藤忠商事株式会社の機械貿易部門の一翼を担って、資本金5000万円で伊藤忠マシナリー株式会社として設立。
産業機械部、化学機械部・電気機械部の3営業部のもとに23名で発足。
昭和52(1977)年5月 資本金1億円に増資
平成3(1991)年4月 資本金2億円に増資
平成11(1999)年4月 伊藤忠プラント株式会社と改名
平成19(2007)年4月 エネソル(株)と合併、新会社名「伊藤忠プランテック(株)」となる。
海外営業グループ・国内営業グループの2営業グループ体制に変更
平成22(2010)年4月 管理部を経営企画部・経営管理部の2部体制に変更
平成26(2014)年4月 海外営業グループ・国内営業グループ組織改編
平成28(2016)年11月 現在の本社所在地に移転