会社を知る

採用スローガン

組織力の源は
一人一人の情熱・志・積極性

経営理念

伊藤忠プランテックは伊藤忠商事のプラント・船舶・航空機部門の事業会社で輸出においては電力プラント、交通プロジェクト、水事業、化学プラント関連の機器輸出、プロジェクトを推進し、また国内では省エネ関連事業、水関連事業、電力サービス事業を中心に推進しています。

伊藤忠プランテックはメーカーではないため物を作ってはいません。商品、プロジェクトは黙っていて売れるもの、また受注できるものではありません。また単に商品の売り買いだけではなくエネルギーサービス事業も推進していますが、どの分野にも必然厳しい競争もあります。いかに客先、ユーザーの求めるものをつかみ、それを実現するために知恵を絞り、汗をかきビジネスとして具現化していくかです。

伊藤忠プランテックは伊藤忠グループの会社としてグループの総合力も得ながら事業を推進していますが、組織の力の源は社員一人一人の情熱、志、です。自分が組織を動かしてビジネスを具現化していくという積極性を期待しています。企業は社会と深くかかわりを持って活動する企業市民ですが、伊藤忠プランテックはこのようなビジネスを通じ社会インフラ整備、また環境改善に貢献し伊藤忠商事の企業理念である「未来に向かって豊かさを担う責任」を担っていきます。社員の皆さんには自分の仕事がこのように会社のみならず、社会に貢献していることを誇りに思ってほしいと思います。

代表取締役社長 清水 伊知郎

会社の歴史

1973(昭和48)年4月
伊藤忠商事株式会社の100%子会社として、『伊藤忠マシナリー株式会社』設立(資本金5千万円)、海外との輸出入貿易取引を主たる事業内容とする。

1996(平成8)年11月
現在の本社所在地に移転

1999(平成11)年4月
社名を『伊藤忠プラント株式会社』に変更

2007(平成19)年4月
同じ伊藤忠商事子会社であるエネソル株式会社を吸収合併、新社名『伊藤忠プランテック株式会社』となる、これに伴い、海外貿易取引に加え、国内取引、発受電サービス等、事業領域を拡大

現在の事業について詳細はこちら

(上)1980年頃の社内風景
(下)1980年頃のナイジェリア向け客車船積の様子

求める人物像

  • 知的好奇心が旺盛で、何事にも臆することなく挑戦する気概を持った方
  • 新しいビジネスを創造していこうというパッションを持った方
  • 仲間と共に共通の目的を目指し、努力・研鑽を惜しまぬ方
  • 明るく誠実であり、強い倫理観を有する方

現在活躍している社員のメッセージはこちら

採用に関するお問合せ