Member .01: R.Y.

トラブルから逃げない
とにかく諦めずに粘るということ

エネソル事業部/2003年キャリア入社

在籍部署について?

お客様の困っているところに対応して、他の誰も出来ない(しない)ところをビジネス化する。

現在エネソル事業部では、3つの柱でビジネスを行っています。
① コンビニ電力供給・電力小売ビジネス
② 省エネ機器販売ビジネス
③ 地下水膜ろ過システム販売
まずは①コンビニ電力供給ビジネスについてご説明します。
弊社は、コンビニエンスストア様向けに、万全な体制で電気設備の管理を行いながら、電力会社よりも安い電力を提供するビジネスを行っております。現在では6000件以上もの店舗様にご契約いただき電気が安くなったと喜んでいただいてます。
また、2016年4月以降からは、電力小売事業にも本格的に参入し、更に多くのお客様に付加価値のある電力を提供できるよう努力を重ねているところです。
次に②の省エネビジネスの説明ですが、全商品の説明をしていると長くなるので、ここは代表して弊社で扱っているLED看板の説明をしましょう。
弊社では、コンビニ様のファザード看板を当初蛍光灯だったころから、開発から取り組み、長い年月をかけてLED化にこぎつけることができました。コスト、意匠、明るさ、省エネ等越えねばいけない問題はたくさんありましたが、一つ一つ粘り強く取り組みました。
今では、この看板も4千件を超える受注実績となっており、2015年度は、更なる改良型を開発し、まだまだ、レベルアップを図っています。
最後に③の地下水膜ろ過システムですが、これは、地下水をくみ上げて膜でろ過することで、飲料に適するようにし、水道を購入するよりも安くするというシステムで、時には本設備の保有も弊社で行うことで、お客様は何の投資もなく水道代が安くなるといったサービス提供も行っています。
説明が、長くなりましたが、私の所属するエネソル事業部は、そもそも名前の由来がEnergy Solutionを略してEne‐Sol(エネソル)としている通り、お客の困っているところに対応して、他の誰も出来ない(しない)ところをビジネス化する といった事で成り立っている部隊と思って下さい。

多くの経験を積んでらっしゃると思いますが、
印象に残っている事を教えてください

既存メーカーとの交渉や、自社採用メーカーとの交渉、顧客との要望の摺合せなど次々と問題が発生し...

ある発電プラントを自社で所有し、客先に電気を売るというビジネスがあったのですが、顧客には、既に古い、弊社が採用したメーカーと違うメーカーの発電機が納入されていました。顧客の望む通りの電気を供給するには、その既存の発電機も含めた総合的な運用を行わねばなりませんでした。
既存メーカーとの交渉や、自社採用メーカーとの交渉、顧客との要望の摺合せなど、次々と問題が発生しもう無理かと思うこともありましたが、その時の上司が、とにかく、諦めない粘り強い人で、結局周りもその粘り強い態度に協力せざるを得なくなり、最終的には成功した時には、本当に諦めないことは大事なんだと、勉強になりました。
その後も、大きなピンチを何度か味わってますが、その時々の上司の諦めない態度が、その後のそのビジネスの状況に大きく貢献している結果を見て、ピンチやトラブルからは逃げてはいけないのだなとヒシヒシと感じてます。
私自身は、あの時々の上司の境地に達するにはまだまだですが、トラブルから逃げない、とにかく諦めず粘るということを念頭に仕事をしていこうと思っています。
私もあと何年か経ったら後輩から、私の偉大な先輩たちのように「ピンチを楽しんでいるように見える」人になりたいものです。

若い人への希望

トラブルには積極的に向き合って下さい。
それが、将来の糧になります。

きびしいつらい仕事は誰でもいやですが、いい先輩、上司がいるうちにつらい仕事、トラブルには積極的に向き合って下さい。それが、年取ってからの糧になります。
あの時はつらかったなぁという経験があると、一定の年齢なっても、あの時ほどではないなと思い踏ん張れます。
実は、若いときの辛さって今ほどレベル高くないはずなのですが、乗り切った経験があると次も頑張れるものです。

会社人生楽しいことばかりではありませんが、1日の三分の1以上を過ごす場所でもあります。つらいつらいと思い会社に行くのと、少しでも楽しくしようと思って頑張るのとでは、何年も過ぎた後、大きな違いになると思います。
一緒に楽しい会社生活を送りましょう。

採用に関するお問合せ