Member 06: K.O.

弊社を表す言葉として
「穏やかさ」は欠かせません。

プラント・プロジェクト部/2014年入社

仕事内容を教えてください

伊藤忠商事の海外店スタッフや国内のお取引先とのやり取りも行っています。英語や貿易業務の知識が必要となる為、先輩方にご指導頂きながら勉強の日々を送っています。

海外営業グループのプラント・プロジェクト部に事務職として配属され4月で3年目になります。
私の仕事は大きく分けて、部の庶務全般と海外向けプロジェクトを行う営業の方のサポート業務の2つです。
庶務全般では、業務に合わせて必要とされる様々な書類の作成、経理関係の処理、電話対応などを日常的に行っています。
書類作成は、営業の方から依頼を受けることが多くあります。
その際は、他の作業中でも一度手を止め、依頼された業務を最優先に取り組むように心掛けています。
プロジェクト案件のサポート業務では、主に売上や成約の入力・管理、案件毎の入出金の管理、請求書の作成などを行っています。
時に、既設プラント向け予備品輸出案件の営業を担当する機会も頂き、伊藤忠商事の海外店スタッフや国内のお取引先とのやり取りも行っています。
英語や貿易業務の知識が必要となる為、先輩方にご指導頂きながら勉強の日々を送っています。

伊藤忠プランテックの雰囲気は?

システムへの入力で不明点があると、管理部の方や他部署の先輩が時間を割いて、一緒に対策案を考えて下さったり、疲れが出てくる夕方頃、部署の先輩がカフェラテと焼き菓子をプレゼントして下さったこともありました。

弊社を表す言葉として「穏やかさ」は欠かせません。
採用選考中も、最終面接でお時間を下さった社長をはじめ、面接官をして下さった営業の方、ご案内下さった方が話しやすい雰囲気を作って下さり、毎回笑いが絶えない面接だったことをよく覚えています。
入社後、打ち合わせの声や英語でお電話されている営業さんの声で賑わっている時とパソコンを打つ音のみが響き渡るほどオフィス内が静まり返る時のギャップに驚きましたが、やはり入社前の想像通り、社員の方は穏やかな方が多いです。
システムへの入力で不明点があると、管理部の方や他部署の先輩が時間を割いて、一緒に対策案を考えて下さったり、疲れが出てくる夕方頃、部署の先輩がカフェラテと焼き菓子をプレゼントして下さったこともありました。
また、日々の当たり前の業務に対してでも営業の方が「ありがとう」と何気なく言って下さるのでモチベーションを保ちやすい環境だと感じています。

研修について教えて下さい。

プランテックの同期はもちろん、他分野で働くグループ会社の同期と繋がれたことは、右も左も分からない一年目の私にとってとても大きい存在でしたし、今でも近況報告のため集まると沢山刺激を貰えます。

入社式の次の日から伊藤忠グループ会社の新入社員(150名ほど)を対象に、3日間の研修が行われました。
名刺の渡し方、電話対応、社会人のマナーについてはもちろん、上司への報告の仕方や貿易実務の知識など幅広い知識を学びました。
この研修は1年のちに3回あります。
2回目は秋頃に行われ、所属部長から直接、評価やアドバイスを頂ける様なプログラムで客観的に自分を見直せる機会になりました。
最終の3回目は2月頃行われ、指導社員の方と共に参加し、1年目の振り返りや2年目に向けて不安に感じている事、プライベートについてもゆっくりとお話させて頂ける時間を与えて頂きました。
また、プランテックの同期はもちろん、他分野で働くグループ会社の同期と繋がれたことは、右も左も分からない一年目の私にとってとても大きい存在でしたし、今でも近況報告のため集まると沢山刺激を貰えます。
新入社員研修は、伊藤忠グループの研修全般を担当している伊藤忠商事の関連会社が運営しています。
手厚く丁寧な研修を受けられるのも伊藤忠グループの強みだと感じています。

ある日のスケジュール

9:00 始業
(メールチェック&その日やることを確認)
10:00 デスクワーク
(電話対応、書類作成、売上・成約入力、来客対応&お茶出し)
12:00 ランチ
(部署の先輩方やプランテックの同期、会社が近い伊藤忠グループの同期と青山一丁目~外苑前周辺のお店を開拓するのは楽しみの一つです。)
13:00 伊藤忠商事 プラント・プロジェクト部へ書類持ち込み&捺印取得
15:00 大使館へ書類の持ち込み
16:00 デスクワーク
17:30 退社
(アフター6は友人やグループ会社の同期と集まり食事をしたり、日によっては急いで帰宅し家事を手伝ったりしています。)

休日の過ごし方

中学・高校・大学と一貫校に通っていたのですが、週末はその頃の友人に会いランチの時間をゆっっくり過ごすことが何よりものリフレッシュです。
また、入社してすぐ社会人生活は学生の時よりも時の流れが速いように感じているので、年を重ねるごとに何かを身に付けたいという思いで妹と一緒に習い事をして過ごしています。

採用に関するお問合せ